テーマ:

京都 桂川・天神川堤防の桜並木

新型コロナウイルスの影響で、出来る限り家にいるのですが、運動がてら桜も見に行きたい。”人混み”を避けての行動となると、思い浮かぶのは京都市南区の吉祥院、桂川沿いの桜並木。 徒歩か自転車でないと行けませんので、人も疎らです。 桂川からの景色 左:桂川  右:天神川 天神川からの景色 桂川と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月間Hanada

インフルエンザで寝ていた先々週、Amazonで取り寄せた「月間Hanada」3月号、初めて購入したのですが、結構、読み応えがあります。 いままでは、時々、文芸春秋を買ったり、週刊現代や週刊ポストを2週合併号の時、2冊とも買ったりしていたのですが、内容としてタイムリーで、おそらく正しいのであろう(そうでないかもしれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦天満宮

いつも外から眺めているだけの錦天満宮に行って来ました。約200坪と広くはないのですが、外国の観光客など大勢が訪れていました。 狭い敷地ですが、3つの境内神社と七社之宮があります。 テレビで時々取り上げられる石の鳥居(両端がビルに食い込んでいます。) 錦市場の新京極通り(錦市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の若冲とゆかりの寺

京都高島屋グランドホールで開催中の展覧会「没後220年 京都の若冲とゆかりの寺~いのちの輝き~」に行って来ました。 チラシには載っていないのですが、釈迦三蔵像が展示されており、コロタイプ(collotype)と呼ばれる写真製版印刷技術による複製なのですが、若冲の本物かと思ってしまうその素晴らしさに驚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筧を作成

1年8カ月ぶりに筧を作成しました。少し傷みが早く、気になっていたのですが、1時間半ほどで取り替えることができました。 ■関連記事:筧を3年半振りに作成(2018.04.15)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲枝垂れ

六甲ガーデンテラスにある自然体感展望台「六甲枝垂れ」 入場料を払って入るほどでもないと思っていたのに、意外と素敵でした。 三分一 博志(さんぶいち ひろし)設計(犬島アートプロジェクトを実現した有名な建築家だそうです。) 天窓から差し込む光底面はベンチ。そして、山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲ガーデンテラス

六甲山上の六甲ガーデンテラスに行って来ました。雲が出ていたので、阪神間の眺めはもう一つでしたが、素晴らしいひと時を過ごしました。 ロープウェイ越しに芦屋・西宮方面が見える。 左端が自然体感展望台「六甲枝垂れ」 見晴らしの塔からの眺めは大阪湾が一望できる。 直下に六甲アイランドが見える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄住寺の紅葉

京都市西京区の小さなお寺ですが、明日11月23日から特別公開(有料)されます。 その前に、ちょっとだけ見てきました。 上のポスターのような光景はなかなか見られませんが、境内で色鮮やかな紅葉も楽しめます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

談山神社(たんざんじんじゃ)

奈良県桜井市の談山神社(たんざんじんじゃ)に行って来ました。 大化の改新 発祥の地だそうで、藤原鎌足が中大兄皇子(後の天智天皇)と極秘の談合を行ったことから、談い山(かたらいやま)転じて談山神社(たんざんじんじゃ)となったそうです。 本殿(重文) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷寺

奈良県桜井市の長谷寺に行って来ました。 真言宗豊山派(ぶざんは)の総本山です。 登廊(のぼりろう)(重文) 仁王門から本堂までの399段の回廊 拝観料を払うとすぐ目の前がこの登廊でちょっと驚きました。 本堂(国宝)この中に日本最大級の十一面観音立像(重文・約10m)が安置されています。 本堂の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園20190718

ヤマユリ ヘリコニア 熱帯アメリカに分布オウムの嘴 アリストロキア  ブラジル原産 モンキー・オーキッド猿の顔 ヒマラヤの青いケシ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳谷観音

今朝、「あさチャン!(MBS)」で放映していた柳谷観音へ行って来ました。 インスタの写真をもとめて、先週は大渋滞が起きていたそうです。 8時過ぎに家を出て、30分程で着いたのですが、お寺だから、開いているだろうとの予測は外れ、9時開門でした。   まだ梅雨入りしていない関西。 真っ青の空   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオーム Biome

生物名判定アプリです。       アンドロイド版ならアプリがあるのは知っていました。 今日の新聞でiPhone版があるのを知り、すぐにダウンロードしました。           早速、庭のアジサイで試してみました。 &#…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草津市立水生植物公園みずの森

4月28日(日)、10連休の2日目、滋賀県草津市の「水生植物公園 みずの森」に行ってきました。   正面ゲート     写真右下は隣接する烏丸記念公園のモニュメント     ロータス館(「ロータス」で総称されるハスやスイレンなどの水生植物のテーマ館)の大半を占める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三大神社の藤(滋賀県草津市)

三大神社(さんだいじんじゃ)の由緒ある藤を見てきました。                       樹齢400年。 織田信長の兵火により焼失したものの、株元から芽生え、今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸上自衛隊 桂駐屯地の桜

年度ごとに”1年前から日時の決まっている”桜並木の一般公開ですが、 今年はまさに見頃でした。       自衛隊らしい写真をピックアップしました。                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑の桜(20190405)

”桜だより(京都新聞 4日現在)”で「満開」の京都御苑に行ってきました。     満開を期待して行った京都御苑。 どうも様子がおかしい。 由緒ある京都御苑にはソメイヨシノは植えられていないようで、 どうやら山桜が満開のようです。     開花と同時に赤茶けた若葉が出るので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画業と暮らしと交流 大観邸

京都高島屋のグランドホールで開催中の横山大観の展覧会に行ってきました。     横山大観記念館が平成29年(2017)に国の史跡及び名勝に指定され、その記念展として開催されています。 記念館所有の横山大観の絵だけでなく、交流のあった多数の日本画家の作品も見ることができました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇の即位図~雛まつりと人形~特集展示(京都国立博物館)

天皇の即位図~特集展示 寛文3年(1663)に行われた霊元天皇の即位図・右隻 後西天皇譲位図・左隻(狩野永納(1631~1697)筆) を見てきました。 近年、発見された珍しい屏風絵だそうです。   平成31年4月30日の今上天皇譲位、5月1日の皇太子即位を間近に控え、初公開されました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国近代絵画の巨匠 斉白石~京都国立博物館

日中平和友好条約の締結から40周年を記念しての特別企画展、意外と良かったです。 斉白石(せいはくせき)?水墨画! ”地味な展覧会だなあ”と思っていたのですが、実際には彩色されている絵が多く、見どころのある作品が多数ありました。 斉白石(1864~1957)は中国近代水墨画を代表する画家だそうで、「華やかな色彩と力強い墨線の画を得意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョイナスの森 彫刻公園 ほか

神奈川県に住む長男の家に行った帰り、横浜駅西口の高島屋屋上にある彫刻公園に立ち寄りました。   ブールデル作 果実 1911         舟越保武作 茉莉花(まつりか)1978     ニケ ’83 朝倉響子作 1983…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こけだま プテリス

父の日にもらった”こけだま”。 一生懸命、水やりをしているので、元気に育っているのですが、・・・・・       突如、長ーい芽が伸びてきました。   スマホで検索して調べてみると、”胞子葉”でした。 胞子をばら撒くために高く伸びた後、葉の裏側の胞子を、出来るだけ遠くへ飛ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東福寺の紅葉

まさに見頃。大勢の観光客で賑わっています。 行こうか、行くまいか、迷ったのですが、行く価値はありました。                          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天龍寺の紅葉

    正に見頃でした。そして大勢の観光客で溢れていました。   国の特別名勝第1号の曹源池庭園                      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more